近年、台風や集中豪雨、地震などの天災によって、数十年に一度と言われるほどの大きな災害が、全国各地で毎年のように発生しています。しかしこうした災害に伴う停電時に、スプリンクラーや屋内消火栓などの緊急設備を動かすために設置されている自家発電機が作動しないという問題が数多く発生しました。いざという時に確実に緊急設備を動かすためにも、自家発電機の保守点検は重要度を増してきており、近年多発している豪雨災害などの際に活躍する緊急用の排水ポンプの電源としても自家発電機の存在価値は高まっています。

 

 

 弊社では、その重要な役割を持った自家発電機が正しく機能するかどうか点検を行う、負荷試験事業を行っています。弊社の保有する3種類の負荷試験装置の中から、負荷試験の対象となる自家発電機の規模に合うものを選定することで、ニーズに応じた負荷試験を行うことができます。

 

 

 負荷試験を行うにあたって、事前に現場確認や綿密なお打合せを行い、お客様のご要望に応じた作業スケージュールに沿って作業を行います。まずは一度お問い合わせください。